MENU

住宅ローンの額を抑える

 

住宅ローンでは総支払額が増えてしまうことが悩みだという人も多いと思いますが、住宅ローンの総支払額が増えないようにするためにはどうすればいいのでしょうか。住宅ローンで支払い額を少しでも抑えたいのであれば、頭金を増やすことがまずは考えられると思います。住宅ローンを組む際に頭金を増やせば、借入額が減りますからそれだけで住宅ローンの総支払額も減ってくると思います。住宅ローンの頭金を親から援助してもらう人もいますが、その時には550万円、3500万円贈与税がかからないという特例もありますから確認しておくといいと思いますし、もらうのではなくてきちんと返済するのであれば贈与税はかかってきません。

 

他にも住宅ローンの総支払額を減らすためには親子で共同で購入することにすれば親がローンのいくらかを負担することになって住宅ローンの額が減ると思います。住宅ローンの総支払額を減らす方法としてはほかにも、一般的に住宅ローンは8割までしか借りることができないことになっていますが、最近は不動産会社と関連している住宅ローンの場合には90パーセントから95パーセントの金額まで住宅ローンを組むこともできますからそちらを利用してもいいかもしれません。

住宅ローンの保障

住宅ローンの保証人についてですが、住宅ローンの保証人というのは、住宅ローンを借りていたのに、お金を返すことができなくなってしまったときに、その人の代わりにお金を払わないといけない人のことをいいます。住宅ローンの保障品には普通保障品と連帯保証人がありますから確認してみましょう。まず住宅ローンの普通保証人というのは、返済できなくなったときに保証人に請求を求めた場合でも財産の差し押さえなどをして強制執行をしてもらって保証人が住宅ローンを払わなくてもいいようにできます。

 

しかし住宅ローンの連帯保証人の場合には、一切それらがないですから連帯保証人が住宅ローンを支払っていかなければいけないことになります。最近は連帯保証人の代わりとして住宅ローンを組む際に保険会社が保証人になることもあります。その場合には保険会社に保証料を支払わなくてはいけないことになって場合によっては50万円以上も支払わないといけない場合もあるといわれています。もしも住宅ローンを支払えなくなって保険会社が支払うことになっても住宅ローンが消えたわけではなくて、住宅ローンの支払いを保険会社が変わりにしただけで結局は次は保険会社に返済していかないといけないことになるということには変わりありません。

住宅ローンのボーナス返済

住宅ローンのボーナス返済についてですが、住宅ローンを返済するときには、毎月返済していくという毎月返済と合わせてボーナスが出る月に、ボーナス返済を合わせて行っている人もいると思います。住宅ローンのボーナス返済をすれば毎月の返済額も確実に減ると思いますし、家計のバランスも良くなるのではないでしょうか。住宅ローンのボーナス返済のメリットとデメリットを紹介していきたいと思いますが、メリットとしてはやはり確実に住宅ローンを減らしていくことができるということと、住宅ローンの毎月の負担額が減るということだと思います。

 

しかし住宅ローンのボーナス払いをする際の注意点は、やはりボーナスが不景気で安定しない場合や、もしかすると今後不景気でボーナスが出ないということもありますから、安易に住宅ローンのボーナス返済を組んでしまうとあとから返済に困ることもあるかもしれません。ボーナスが万が一なくなった場合でも安心できるような額でボーナス返済をしていくことをお勧めしたいと思います。住宅ローン以外にも家を購入するということは固定資産税も必要になってきますし、住宅を維持するために資産も必要なのでその点もよく考えたうえでボーナス返済するかどうか考えた方がいいかもしれません。

 

チェックツール


 

登録サイトのデータ更新と検索


 

 

最新登録サイト表示

#サイト名PRリンク

TOP紹介サイト

#サイト名PRリンク